ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

インスペクションとは?費用はどのくらい?

ホームインスペクションという言葉をご存じですか?ホームインスペクションは住宅の売買において重要な役割を担っているもののまだまだ知名度は低いです。 この記事ではホームインスペクションの内容や費用、メリットなど、多くの人が気になるであろう事柄について解説していきます。

ホームインスペクションとは

ホームインスペクションという言葉は多くの方にとってなじみのないことでしょう。まずはホームインスペクションの意味や一次検査、二次検査との違いについて確認していきましょう。


ホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは、住宅の状態を調査することです。一般的には住宅診断士といった住宅についての専門家が第三者的な立場から調査し、不具合や注意点について発見してアドバイスするのです。ホームインスペクションは2018年4月以降、中古住宅の売買において説明することが義務付けられており、その重要性に今注目が集まっています。ただ、ホームインスペクションの実施までを義務付けられているわけではありません。
 

一次検査と二次検査の違い

ホームインスペクションにおける実施内容は一次検査と二次検査の二段階に分けられます。 一次検査においては構造上から確認できる安全性の確認や雨漏り、ゆがみはないかなど目視によって可能な検査をします。一次検査はその内容から基本検査と呼ばれることもあります。それに対して二次検査では、壁の中や天井の中など目視では確認できない部分について必要に応じて破壊を伴いながら調査していきます。この二次検査は詳細調査と呼ばれることもあります。
ホームインスペクションを病院での診察に例えるなら一次検査は一般的な診察、二次検査は精密検査というイメージです。

ホームインスペクションの費用の相場

ホームインスペクションの費用は地域や物件の形態、その他の条件によって異なります。とはいえ、一応は目安となる相場があります。では、ホームインスペクションの費用相場について一戸建てとマンションとに分けて解説します。


一戸建ての場合

一戸建て(30坪程度)におけるホームインスペクションの費用相場は目視による調査で5万円から7万円程度になります。目視で判断できない調査となると6万円から12万円程度になります。 その際にかかる時間としては目視できる調査で3時間程度、目視できないものも同時に実施する場合、さらに1時間程度かかります。


マンションの場合

70平方メートル程度のマンションにおけるホームインスペクションの費用相場は4万円から6万円程度になります。マンションは構造上部位破壊を伴う調査が難しく、目視での調査が基本になるため2時間程度の時間で完了します。

 

インスペクションは実際にどのようなことをするのか

続いて、ホームインスペクションが実際にどのようなことをしていくのか、具体的な内容についてみていきます。


調査内容

ホームインスペクションの内容は主に屋外で行うものと屋内で行うものとに大別されます。
屋外から行う内容としては、外壁や屋根などについてひび割れや劣化がないかなどを見ていくものとなります。
屋内から行う内容としては、床や壁、水回りをチェックしたり、床下や屋根裏に回ってひびや水漏れ、劣化などが生じていないかなど念入りにチェックしていくものになります。
 

既存住宅売買瑕疵保険とは?

既存住宅売買瑕疵保険とは、売主の責任である瑕疵担保責任(容易に見つけられない隠れた瑕疵に対する責任)をより確実に履行させるための保険です。
既存住宅売買瑕疵保険に加入することで、売主が倒産などしてしまい購入した住宅について瑕疵担保責任が履行されない場合、買主が保険会社から保険金を受け取れるというものになります。一般的には売主よりも買主の側から加入希望が多く、ホームインスペクションとあわせて利用されています。

新築住宅をインスペクションするメリット

ホームインスペクションが活躍するのは中古住宅の売買だけではありません。ホームインスペクションは新築住宅の売買においても大いに効果を発揮するのです。
 

新築住宅をインスペクションするメリット

新築住宅なら絶対に品質は問題ないというわけではありません。建築基準法においてチェックが必須項目とされていない構造体や金物、基礎の鉄筋といった部分については必ずしも充分に検査されるとは限らないのです。住んでからでないと分かりづらい問題について第三者が確認し、問題について事前に察知できるというのが新築住宅においてホームインスペクションを実施するメリットです。
 

費用は誰が負担するの?

ホームインスペクションの費用は買主の負担とするのが一般的です。なぜなら、ホームインスペクションは買主を守るための制度という意味合いが強く、ホームインスペクションを実際に行う側の人間と売主との間に利害関係のない方が望ましいからです。
 

インスペクションはいつ頼む?

ホームインスペクションは契約の申し込みをした段階で依頼することになります。具体的には、不動産会社と媒介契約を結ぶときにホームインスペクションを実施したいと申し出るのです。また、申し込みの前にホームインスペクションの実施が可能であるかあらかじめ確認しておくことも大切です。

中古物件をインスペクションするメリット

中古物件においてこそホームインスペクションを実施するメリットが強く現れます。中古住宅においてホームインスペクションは必須と言ってもよいほどです。
 

中古物件住宅をインスペクションするメリット

中古住宅は一度人の手に渡って使用されていたという性質上、新築住宅とは確認すべき点が異なります。購入前の確認が甘いと後から思わぬ問題が発生してしまい、最悪の場合住み続けることができないといった問題も起こりえます。そういった事態を防ぐため、中古住宅におけるホームインスペクションは非常に重要な役割を担います。 また、中古住宅はリフォームを前提に購入される方も多いです。そこで、ホームインスペクションを実施しておくとリフォームすべき内容や箇所がより明確になり、理想に近い住宅購入を実現させることが可能になります。
 

費用は誰が負担するの?

ホームインスペクションの費用は一般的に買主の負担となります。ただ、契約の内容やサービスによっては売主が負担とするということもあります。
 

インスペクションはいつ頼む?

中古住宅の売買においては媒介契約の締結時に不動産会社からホームインスペクションの説明があるため、そこで頼むというのが一般的です。

ホームインスペクションの費用は惜しまないことが大切

ホームインスペクションは住宅における健康診断や精密検査にあたるもので、特に中古住宅の売買においては可能な限り実施しておくべきものです。ホームインスペクションを利用することで事前に問題点を把握したり、リフォームにあたっての課題点を洗い出したりすることができます。
ホームインスペクションの費用については必要な経費だと考え、未来のためにも惜しまず利用していくことをおすすめします。

新着コラム

家を購入したら確定申告を!住宅ローン控除に必要な手続きや書類について

念願のマイホームたる家を購入して登記手続きも終わってこれで一安心……

中古住宅をリフォームする魅力は?費用の相場や補助金についても解説

中古住宅を購入してリフォームを行うか、新築を購入するかで悩んでいる人は多いでしょ…

競売物件のメリット・デメリットとは?買い方や注意点についても紹介

不動産を購入する際、相場より安い価格で物件を購入する手段に「競売物件」があります…

一軒家の費用相場と自分に合った家を選ぶポイント

一軒家は非常に大きな買い物です。自分の理想を一軒家に反映したいと考える方も多いで…

マンション購入時にかかる諸費用はどれくらい?

マンションの購入にあたって無視できないのが、購入時や、住宅ローンの契約時、マンシ…

中古マンションの手付金とは?相場や少額に抑える交渉術を紹介

手付金という言葉、誰でも1度くらいなら耳にしたことがあるかもしれません。この手付…

インスペクションとは?費用はどのくらい?

ホームインスペクションという言葉をご存じですか?ホームインスペクションは住宅の売…

在宅勤務をリフォームで快適に!おすすめのリフォームをご紹介!

在宅ワークが主流になりつつある現在、在宅勤務(テレワーク)の時間を快適に過ごすた…

戸建てを選んで後悔したことは?理由や対処法を紹介!

家を購入するにあたり、まず決定しなければならないポイントの一つが「戸建てにするか…

タワーマンションのメリットは?住む場合と所有する場合で比較

タワーマンションは、現代において非常に数を増やしている建物です。都心だけでなく、…