ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませています。 そこで、今回は家を買うタイミングの考え方やその他購入前に知っておきたい知識について解説していきます。 本記事を読めば家を買うタイミングを考えるのに必要な知識が身に付きます。

社会情勢から見た家の買い時とは?

家を買うタイミングとして考えておきたい事柄の一つに社会情勢があります。 不動産の価格はもちろんローンの審査や金利は社会情勢によって大きく変化するからです。 日銀の金融政策や景気動向などから、金利が低金利でかつ不動産価格の落ちているタイミングが社会情勢から見た家の買い時だといえます。

家を買うタイミングについて

では、実際に世の人々はどういったタイミングで家を購入しているのでしょうか。 家を買うタイミングについて4つの項目に分け、それぞれ平均を見ていきます。

家購入の平均年齢

国土交通省が平成31年に発表したデータによれば、初めて家を買うタイミングの平均年齢は定年までにローン完済が容易な30歳台となっています。 年齢的だけを考えるのであれば家を購入するタイミングはできる限り早いほうがいいでしょう。 なぜなら、多くの銀行のローンの審査において年齢が重要な審査項目とされているからです。 実際、借入時の年齢は20歳以上60歳未満とされています。 さらに、借入期間も80歳までとされていることがほとんどです。
 

家購入した際の世帯の家族構成

一般的に家を購入するタイミングの家族構成は3人から4人だといわれています。 結婚生活が安定し、子供が生まれたタイミングで家の購入について考えられる世帯が多いようです。
 

家購入の際の平均年収

国土交通省の作成した平成30年度住宅市場動向調査報告書によれば、家を購入した世帯の平均年収はおおむね400万円から600万円程度となっています。 この金額は地域や購入する家の形態によっても異なるため、あくまでも目安として考えてください。 実際には上記平均より低い世帯年収でも問題なく家を購入し、維持できている世帯もあります。
 

家購入の際の平均購入資金

家を購入するための平均購入資金としては、新築で3000万円、中古住宅で1800万円程度というのが一つの目安になります。 そのうち、700万円から900万円程度を自己資金とし、残りを住宅ローンによる借り入れで賄うというケースが一般的です。 とはいえ、可能な限り自己資金を多く用意することをおすすめします。 自己資金を増やして借入額を減らすほうが住宅ローンの総返済額が少なくなるからです。

家購入の動機

家を購入しようと考える動機にはさまざまなものが考えられます。 よくある動機としては下記の4つがあります。
 

結婚したとき

家を購入する動機として最も多いのが結婚です。 結婚して将来を考えたとき、マイホームでの幸せな生活を描くのは当然のことです。
 

子供が生まれたとき

家を買うことを考え始める動機として結婚と並んで多いのが子供の生まれたときです。 子育てや家族生活をよりよい環境でと考え始めれば自然と家の購入が頭をよぎります。
 

親と同居を始めるとき

高齢化社会が進み、親と同居する世帯が増えてきました。 特に介護や年老いた親の一人暮らしを心配しての同居が増えています。 しかし、いざ同居をしようにも賃貸マンションでは手狭であったり、バリアフリーの観点から不向きということも多いのが現状です。 今や親との同居生活がきっかけとなり家を購入するということも珍しくはない時代なのです。
 

子供の独立や定年退職

子供の独立や定年というイベントを終えることで生活様式はこれまでと一変します。 それを機に田舎に家を買ってUターンしたり、趣味に打ち込むためのセカンドハウスの購入も珍しい時代ではなくなってきています。

家の購入を成功させるためのポイント

家の購入は一生で一番大きな買い物といえます。 そこで、家の購入に失敗してしまわないようタイミングを含め成功させるためのポイントを紹介します。
 

予算を明確にする

何一つ妥協することなく家を買うことは実質的に不可能です。 希望する条件に優先順位をつけ、予算と相談しながら妥協すべき点を見極めていくのです。 なお、予算を立てる際には登記の費用やその他手数料などについても含めて考える必要があります。 手数料などを考慮すると家本体にかけられるのは予算の9割ほどになるということも覚えておいてください。


長期的なライフプランを立てる

購入した家には30年、40年、あるいはそれ以上の長期間住むことが想定されます。 現時点や10年後など短期的な視点からではなく、できる限り長期的な視点からライフプランを立てそれに見合った家を購入するべきです。

本当に家を買うべきか冷静に考える

一度家を買おうと考えだすと新生活やマイホームのことで頭がいっぱいになってしまい、冷静に物事を考えられなくなる方も少なくありません。 家を購入する前には落ち着いて客観的な視点から考えることが大切です。 家の購入について家族と徹底的に話し合うのもよいでしょう。

家の購入に関する疑問

家を買うタイミングに悩んでいる方に向けてよくある質問に回答していきます。


何月頃に家を買うのがベスト?

家の購入は賃貸ほど月ごとの上下幅が大きくありません。 本当に購入したい物件が見つかったときが家を買うのにベストな月といえます。


頭金がないと家は買えない?

頭金が0でもローンの審査に通りさえすれば家を購入すること自体は可能です。 ただ、頭金については2割程度用意することが一般的です。 頭金を多くすることで住宅ローンの総返済額を減らすことができるのと、頭金が0よりも住宅ローンの審査に通りやすくなるからです。


金利がもっと安くなるまで待つべき?

金利は常に変動しており、いつが底値になるか正確に予測することは困難です。 もっと下がるまで、と待っていると逆に金利が上がってしまうこともあります。 金利について必要以上にこだわりすぎないようにしましょう。 特に低金利状態が続いている状態ならばなおさらです。

購入するなら新築?中古?

家を買うにあたり永遠の課題ともいえるのが中古か新築かという問題です。 中古と新築の選び方について説明します。
 

新築と中古

新築と中古で一概にどちらがいいとは言い切れません。 確かに価格のみで比較すると一見中古がお得に見えますが、築年数による劣化や将来の修繕まで含めて考えると必ずしも中古がお得とも言い切れません。


マンションと一戸建て

立地や防犯面を重視するならマンションを、自由度や広さを重視するのであれば一戸建てが向いているといえます。


建売住宅と注文住宅

一戸建てに定番の設備と間取りでよいのであれば、リーズナブルで打ち合わせの手間も少ない建売住宅をおすすめします。 対して費用や打ち合わせの時間をかけてでもこだわりたいというのであれば注文住宅をおすすめします。

家を買うタイミングは焦らずじっくり考える

社会情勢や家族構成、ライフプランの変化など家を買うタイミングは人によってさまざまです。 同じように家を買うとしても、タイミング次第で満足いかない結果に終わってしまうこともあるでしょう。 家を買うのであれば、予算や動機などについて一度冷静に考え、本当に必要なタイミングで買うことをおすすめします。

新着コラム

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるの…

いい土地を購入したい!探し方のコツ

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいも…

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませて…

不動産購入最終チェックリスト【保存版】〜不動産のプロが教える失敗しないためのチェックリスト〜

不動産の購入は人生において大きなイベントの1つです。物件選びはもちろん、資金計画…

マイホーム購入のタイミング、ベストなのはいつ?

マイホーム購入を考えていても、タイミングが掴めずに行動できていない方は多いことと…

ポラスで購入することのメリット

創業から50年以上もの歴史をもつポラスグループが掲げる理念は「顧客第一主義」。 …

注文住宅とは?注文住宅のメリット・デメリット

「戸建て住宅を買おう」と決めてから次に悩むのは、分譲住宅や建売住宅、注文住宅、ど…

住宅ローンの「団体信用生命保険」とは?

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。基本的に住宅ローンを…

土地購入の流れとは?購入から登記まで解説します

注文住宅を建てたい、土地を購入して投資をしたい等、様々な理由から土地購入を検討さ…

戸建住宅購入の流れについて

マイホームに戸建住宅を選ぶ方は多いですが、どのように購入手続きを進めるかご存知で…