ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるのが新築の強みなのに、なぜ後悔をしてしまうのでしょうか。この記事では、新築購入後に後悔をした事例とその対策方法について詳しく解説をしていきます。

新築購入で失敗する主な理由は?

新築購入で失敗する主な理由は、現実と理想とのギャップにあります。

新築は中古住宅とは違って、実際に家が建つまで中の様子を確認することができません。工事の最中に出来上がっていく様子を見ることはできますが、その時点で大幅な間取り変更は不可能です。自分が思い描いていた理想の住宅と出来上がった住宅の間に生まれるギャップが後悔を生んでしまう最大の原因となっています。 そして失敗した内容によっては、取り返しがつかないことも多いです。そのため、新築を購入する際は、後悔がないように、その間取りや設備で本当に問題ないのかをよく考えなくてはいけません。

間取りでよくある失敗例~事例①:LDKの失敗~

新築の失敗で取り返しのつかないのが間取りです。ここでは間取りに関する具体的な失敗例を紹介していきます。
 

事例①:LDKの失敗

LDKは家の中心です。ここを中心にプランニングを行う人も多いでしょう。こだわりを強く反映したい部分だからこそ、失敗も非常に多いです。住宅雑誌やインターネット上にはおしゃれな家がたくさん掲載されています。それをそのまま新築に反映させてしまうと、後悔することになってしまう可能性があります。

例えば、吹き抜けと階段のあるリビングをつくったとしましょう。写真で見る限り、非常におしゃれに見えるのですが、実際に住んでみるとその印象は大きく変わります。最近の注文住宅は性能が良いので、寒さなどを感じにくい構造になってはいます。しかし、吹き抜けがあると、性能が良かったとしてもどうしても熱が上に逃げてしまうので、結果として寒さを感じる家が出来上がってしまうのです。

寒さを凌ぐためには暖房を利用する必要があるので、光熱費も余分に発生してしまいます。 また、階段は必然と人の出入りが多くなります。そんな場所がリビングにあると、ゆったりと寛ごうと思っても人の出入りで気が散ってしまい、心が休まりません。 このように住んでみないとわからない失敗も多いのです。

事例②:寝室の失敗

寝室の大きさは失敗することが多い部屋の一つです。ベッドが入るギリギリの広さにする家が多いのですが、着替えなどをするのにはどうしても狭すぎます。広さにはなるべく余裕を持たせるようにしましょう。 そして、夫婦の寝室をつくっても、夫婦で寝る機会がなければ意味がありません。本当に夫婦一緒に寝るのかを建築段階で確認しておきましょう。

設備や家具に関するよくある失敗例

設備や家具に関しても失敗するケースが多いです。家具に関しては取り返しがつく場合も多いのですが、失敗しないに越したことはありません。失敗例を参考にして、失敗しないように気をつけていきましょう。
 

事例①:家具の配置の失敗

家具の配置は失敗したとしても、置く場所を変えれば解決できることが多いです。しかし、造り付け家具のようなインテリアと調和しやすい家具を使用する場合は、話が異なります。このような家具は納まりが綺麗なのが特徴なのですが、逆に考えるといつまでも模様替えができないという欠点にもなり得ます。いらなくなっても撤去することができないので、いつまでも家に残ったままになります。 造り付け家具を使用する際は、長期的な目で使用し続けるかを考えるようにしましょう。
 

事例②:窓の配置の失敗

窓の配置を失敗すると、通気性や日当たりに大きく影響します。それを避けるためにたくさん窓をつけようと考える人は多いのですが、そうすると道路や隣家の視線が気になってしまい、カーテンを開けて生活するのが難しくなってしまいます。 あまりにも直射日光が当たりすぎると、それはそれで生活がしづらくなってしまうので、窓の配置はバランスを考えることが大切です。

日当たりに関する失敗例

窓の配置でも触れましたが、日当たりに関して失敗するケースは非常に多く、それは生活環境を著しく悪化させます。ここではその失敗事例について紹介していきます。
 

事例:窓の場所を間違えた

窓をつけすぎると生活しづらくなるのは先ほども述べた通りですが、窓の位置によっては日光が家の中まで入ってこない可能性があります。特に天井が高い家などは、窓の配置を高くしすぎると家の中に光が届かないので注意しましょう。

新築購入で失敗しないためのポイント

ここまで紹介してきた失敗事例を踏まえたうえで、大切なのはどのようにすれば新築住宅の購入で後悔しないかという点になります。新築購入で後悔しないためのポイントをこの記事では、解説していきます。
 

ポイント①:間取りを可変性にする

間取りはなるべく変更可能にしておきましょう。例えば、子供部屋の仕切りを外すことで大きな部屋にできたり、寝室のベッドを撤去することで書斎にできたりといった具合です。家具を変えるだけで別の用途で使用できるような家にしておくと、万が一失敗したときに対応がしやすくなります。
 

ポイント②:導線を意識する

導線というのは、家事や生活をするときの通路です。キッチンからリビングに料理を運ぶ際に通る道や朝起きて洗面所へ向かう道などを導線と呼びます。そんな導線に邪魔なものがあったら生活がしづらくなるというのは、容易に想像できるでしょう。このような理由で生活がしづらくなってしまうのを防ぐためにも、設計段階で導線についてしっかりと意識しておくことが大切になります。
 

ポイント3:見た目や流行を意識しすぎない

せっかくの新築ですから、見た目をおしゃれにしたいという気持ちはよくわかります。しかし、見た目だけを意識しすぎた結果、生活がしづらくなってしまっては意味がありません。よくあるのがウォークインクローゼットです。非常に便利なのですが、床面積が増えるため建築コストが上がったり、居住スペースをカットしたりといったことにつながります。
ウォークインクロゼットやアイランドキッチンなどに憧れを持っている人は多いでしょう。しかし、実際に住んでそれらを利用するのは、見ているのと大きく違います。本当にその設備を取り入れなくてはいけないのか、その設備を効果的に利用することができるのかなどをしっかり考えるようにしましょう。 自分の生活スタイルにあった設備だけを導入して、無駄な設備を取り入れないのが生活しやすい家をつくるうえで最も重要です。

新築は欲張りすぎない

新築設計は自分の理想が反映できる一大イベントと言っても良いでしょう。多くの人は、設計しているときに心躍っているはずです。しかし、気持ちが昂っているのは悪いことではありませんが、勢いに任せて色んな設備を取り入れてしまうと、ただ住みづらい家になってしまいます。理想の新築を実現するためには、欲張りすぎないことが大切です。新築購入で後悔しないためにも、冷静に必要な設備を判断しましょう。

プロの設計士が1邸1邸プランニング
ポラスの分譲住宅を探す

新着コラム

戸建てを選んで後悔したことは?理由や対処法を紹介!

家を購入するにあたり、まず決定しなければならないポイントの一つが「戸建てにするか…

競売物件とは?メリット・デメリットや買い方について

不動産を購入する際、相場より安い価格で物件を購入する手段に「競売物件」があります…

タワーマンションのメリットは?住む場合と所有する場合で比較

タワーマンションは、現代において非常に数を増やしている建物です。都心だけでなく、…

家を購入したら「確定申告」が必要!手順や必要書類を解説!

念願のマイホームたる家を購入して登記手続きも終わってこれで一安心……

中古住宅購入の流れは?購入する際の注意点について解説

中古住宅を購入する際に、失敗しないためには購入時の注意点についてしっかりと確認し…

中古住宅のリフォームにかかる費用の相場は?補助金についても解説

中古住宅を購入してリフォームを行うか、新築を購入するかで悩んでいる人は多いでしょ…

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるの…

いい土地を購入したい!探し方のコツ

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいも…

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませて…

不動産購入最終チェックリスト【保存版】〜不動産のプロが教える失敗しないためのチェックリスト〜

不動産の購入は人生において大きなイベントの1つです。物件選びはもちろん、資金計画…