ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

家の名義変更の方法は?費用や必要書類を解説

家の名義変更を行う機会は少ないです。しかし、いざ行わなくてはいけなくなったときに、どのような書類を準備すればよいか、どのような流れで進めていけばよいかなどを知らないとスムーズに手続きが進められません。家の名義変更について、この記事で詳しく確認していきましょう。

家の名義変更とは?

家の名義変更とは、法務局に必要書類を提出して、対象となる不動産所有者の名義を変更することです。不動産は登記簿に誰が所有者なのかが記されています。その所有者を変更するのが家の名義変更です。

家の名義変更が必要になるケース

家の名義変更を行う必要があるケースについて確認をしていきましょう。

遺産相続

家の所有者が亡くなった場合は、名義を相続人の名義に変更しなくてはいけません。遺言によって相続者が定められておらず、相続人が複数人いる場合は、相続人同士で協議を行い、どれくらいの割合で遺産を分割するのかを定めたうえで名義変更を行う必要があります。
 

生前贈与

家の所有者が生きている間に、無償で誰かにその家を譲渡する場合は、家の名義変更が必要です。これは相続税が節税できるという利点があります。しかし、登録免許税、不動産所得税、贈与税は発生してしまうので注意しましょう。
 

財産分与

財産分与とは、離婚する際に夫婦の間で築いた財産をどう分割するのかを決めることです。このときに、家を夫の名義から妻の名義へ変更しなくてはいけない場合があります。あくまでも財産の分割なので、贈与税が課税されることはありません。


不動産売買

不動産を購入した人は、売主に対して名義変更を求める必要があります。買主が不動産の所有権を主張するためには、名義変更が必要です。

名義変更のメリット・デメリット

家の名義変更をするメリット・デメリットはさまざまです。名義変更をする前に確認しておきましょう。

メリット

一番大きなメリットは、所有者が誰かを明確にできる点です。名義変更をすることによって、自分の所有物であることを第三者に対して主張できます。
また、相続においては、相続人が名義変更を行わないまま亡くなると、亡くなった相続人の被相続人にまで遡って相続が発生してしまうのでトラブルが非常に多くなります。
自分の子供に余計な手間をかけさせないためにも、相続した際は速やかに名義変更を行いましょう。


デメリット

家の名義変更を行うデメリットは、税金が発生することです。贈与税などは発生するケースと発生しないケースがあるのですが、かなりの高税率なので、税金の問題で名義変更が難しいことも多いです。
登録免許税も非常に高額なので、税金による出費はかなり大きくなります。

家の名義変更にかかる費用と期間は?

家の名義変更にかかる費用は、売主と買主で異なります。また、急ぎで名義変更を行わなくてはいけない場合でも、名義変更にはある程度の期間が必要なので注意しましょう。

家の名義変更にかかる費用

まずは、売主側に発生する費用について解説をします。

 

・必要書類にかかる取得費用

こちらは売主と買主の両方に発生します。全ての必要書類を取得すると、合計で数千円程度のお金が必要です。
 

・抵当権抹消登記、住居変更登記及び氏名変更登記にかかる登録免許税

抵当権が設定されている不動産は、抹消登記をしないと売却できません。これら全ては、不動産の数×1,000円が必要です。

 

・譲渡所得税

譲渡所得に応じた税金が課せられます。 続いて買主側に発生する費用について解説します。

 

・所有権移転登記にかかる登録免許税

所有権移転登記に関しては、買主と売主の両方が納付する義務を負うとされているのですが、買主側が負担することがほとんどです。
 

・所有権移転登記にかかる支払い報酬

所有権移転登記は、司法書士に依頼することが多いです。その報酬を支払わなくてはいけません。

 

・不動産所得税

不動産を取得したときに課せられる地方税です。相続の場合は非課税になります。

 

家の名義変更にかかる期間

不動産売買にかかる家の名義変更は、必要書類の準備から申請までの手続きが必要です。書類は、役所に行けばすぐに受け取ることができます。郵送だと、1~2週間程度の期間が必要になります。

その書類を取得した後は、申請書を作成し、その審査が終われば名義変更完了です。

ここまでの流れには、目安として1カ月程度かかります。売主と買主が協力して行わないと進めることができないので、もっと時間がかかる場合もあります。

家の名義変更に必要な書類

家の名義変更にはいくつかの種類が必要です。こちらも売主側と買主側で必要なものが異なるので注意しましょう。 まずは、売主側が必要な書類について解説をします。
 

不動産売買契約書

不動産を購入したときの契約内容を記した書類です。


登記済権利書

不動産を取得したときに、発行される書類です。


本人確認書類

登記登録人が本人であるかどうかを確認するために必要です。また、こちらは買主側も必要になります。
 

印鑑証明書

取引日を基準にして、3カ月以内に取得されているものでないといけません。また、こちらは買主側も必要になります。
 

住民票

登記状の住所から住民票の住所が変更されている場合は、戸籍の附票を用意してください。また、こちらは買主側も必要になります。
買主側が必要な書類は、本人確認書類、印鑑証明書、住民業の3つであり、買主側だけが用意しなくてはいけない書類はありません。

名義変更の申請の流れ

実際にどのような流れで家の名義変更の申請を行うのかについて確認していきましょう。

売買契約の締結

売主と買主との間で、不動産の売買に関しての契約を締結します。


法務局を調べる

土地や建物の所在を管轄する法務局は、地方によって異なります。それを調べます。


必要書類の準備

売主、買主の双方で、必要な書類の準備を行います。


登記の申請書を作成する

登記事項証明書を取り寄せて、登記の申請書の作成を行います。


物件を引き渡す

買主が売買代金を支払って、契約内容通りに物件の引き渡しを行います。


法務局に登記申請書を提出

物件引き渡しの決済が完了したら、登記申請書に必要書類を添付して、管轄の法務局に提出します。これで申請が受理されれば、名義変更の完了です。

家の名義変更の方法

家の名義変更には、自分で手続きする方法と司法書士に依頼する方法の2つがあります。それぞれの流れについて確認しておきましょう。

自分で手続きする場合

時間と労力は必要ですが、自分で家の名義変更をすることは可能です。必要書類の取得から登記申請書の作成などを売主と買主で協力して進めなくてはならず、最低限の法律用語の知識も要求されます。

また、登記申請書の書き方の相談や申請で、法務局に何度も足を運ぶことになります。平日8:00〜17:15の間しか業務を行っていないので、一般的なサラリーマンであれば利用するのが難しいでしょう。
そのうえ、抵当権抹消登記の手続きがある場合や抵当権設定登記を買主が行わなくてはいけない場合は、申請の難易度がかなり高くなります。一般人には難しいケースも多いので注意しましょう。


司法書士に依頼する場合

司法書士に依頼する場合は、不動産会社を介して依頼をすることが多いです。この場合は、必要書類を準備するだけで、不動産会社と司法書士が手続きを進めてくれます。お金は必要ですが、任せているだけでいいので司法書士に依頼を行うケースがほとんどです。

無理に自分で手続きを進めないようにしよう!

自分で家の名義変更の手続きを進めようとすると、書類に不備があったり、申請書の書き方が間違っていたりと想像以上の時間が失われます。

任せることができる範囲で、司法書士や不動産会社に手続きを任せる方が、ストレスも少ないですし、スムーズに手続きを進められるので、おすすめです。

新着コラム

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるの…

いい土地を購入したい!探し方のコツ

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいも…

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませて…

不動産購入最終チェックリスト【保存版】〜不動産のプロが教える失敗しないためのチェックリスト〜

不動産の購入は人生において大きなイベントの1つです。物件選びはもちろん、資金計画…

マイホーム購入のタイミング、ベストなのはいつ?

マイホーム購入を考えていても、タイミングが掴めずに行動できていない方は多いことと…

ポラスで購入することのメリット

創業から50年以上もの歴史をもつポラスグループが掲げる理念は「顧客第一主義」。 …

注文住宅とは?注文住宅のメリット・デメリット

「戸建て住宅を買おう」と決めてから次に悩むのは、分譲住宅や建売住宅、注文住宅、ど…

住宅ローンの「団体信用生命保険」とは?

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。基本的に住宅ローンを…

土地購入の流れとは?購入から登記まで解説します

注文住宅を建てたい、土地を購入して投資をしたい等、様々な理由から土地購入を検討さ…

戸建住宅購入の流れについて

マイホームに戸建住宅を選ぶ方は多いですが、どのように購入手続きを進めるかご存知で…