ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

家を高く売る方法はコレ!家の売却の基本!

家を売る際には、なるべく高く売りたいと考える人が多いでしょう。そんな人は、不動産に関しての知識をある程度有しておく必要があります。そうすることで、信頼できる不動産会社に巡り合える確率が高まり、不動産売却も成功しやすくなります。家を売るときの基本について、この記事で確認していきましょう。

家を売ったほうがいい時ってどんな時?

家を売却する前に、今本当に家を売るべきなのかを考えましょう。家を売ることにはメリットもありますが、デメリットもあります。家を売るべきときについて確認をしていきましょう。
 

子供の独立

子供が独立すると、子供部屋などが必要なくなります。無駄に広々とした家だと、掃除などが大変なので家を売って住み替えるのはおすすめです。


転勤

転勤によって生活圏を変える場合は、家を売る必要があります。
 

ローンが苦しい

ローンが苦しい場合は、家を売ることでその負担がなくなることがあります。しかし、場合によっては売却ができない可能性もあるので注意が必要です。


家を使わなくなった

親だけが暮らしていた家において、親が死別した場合は家そのものが不要になります。空き家にすると、無駄な税金が発生してしまうので損です。家を売るようにしましょう。

不動産売却の手順と必要な期間

不動産売却は、家を売ろうと思ってすぐにできるわけではありません。ある程度の準備と時間が必要なので、早めに行動するようにしましょう。

査定依頼

不動産会社に査定依頼を行います。査定の正当性を判断するために、なるべく複数社に依頼をしましょう。実際に家に訪問してもらい、厳密な査定を行う場合は、1ヶ月程度の時間を必要とします。
 

売り出し価格を決める

査定額を元にして、売り出す価格を決めます。売り出し価格を決めるのは売主なので、さほど時間はかかりません。


不動産会社選び

不動産売却を行う不動産会社を選びます。多くの場合は、訪問査定を依頼した不動産会社に依頼をします。これもさほど時間はかかりません。査定依頼から不動産会社を選ぶまでは、おおよそ1~2カ月程度の期間で完了します。


買い手探し

買い手を探します。これが最も時間がかかります。大抵は1~3カ月程度で見つかるのですが、売り出し価格が高すぎたり、物件の価値が低かったりすれば見つかるのにかなりの時間を必要とします。1年以上かかるケースも稀にあります。


売買契約

買い手が見つかったら売買契約を結びます。契約を結ぶだけなので、数日で完了します。


決済・引き渡し・確定申告

実際にお金を受け取り、物件を引き渡します。その後、確定申告を行う必要があります。確定申告は年度末にしか行われないので、不動産の売却時期によってはかなり期間が空いてしまう可能性があります。確定申告自体は書類を記入するだけなので、数日で完了しますが、慣れていないと難しいので1カ月はかかると考えたほうがいいでしょう。

不動産会社に依頼する際の探し方

不動産会社の探す際には、査定額の根拠に注目しましょう。査定額の根拠を詳細に説明できる不動産会社は、不動産に関する知識が豊富であるため、信頼できます。

また、販売実績を確認しましょう。大手不動産会社のほうが信頼できそうですが、あなたが住んでいる地域の不動産売却に関しては、街の不動産のほうが優れている場合もあります。大手か中小かではなく、実績を確認しましょう。

そして、営業マンの質もチェックしましょう。あなたの希望や提案を汲み取り、その明確な解決方法を提示してくれる営業マンでないと、やりとりを安心して行えません。 これらのポイントを確認して、不動産会社を選ぶようにしましょう。

家を売る際にかかる費用や税金は?

家を売る際には、諸費用と税金がかかります。税金に関しては、家を売って得たお金で支払うことができるのですが、諸費用に関しては売却前に必要になることもあるので、あらかじめ用意しておかなくてはいけません。
 

諸費用

家を売るときに必要な諸費用はこちらです。 ・仲介手数料 ・住宅ローンや登記の手続き費用 ・引っ越し代 仲介手数料と住宅ローンや登記の手続き費用は、家を売却して得たお金で支払うことができます。引っ越し代に関しては、売却前に新しい家に引っ越すことが多いので、あらかじめ用意しておかなくてはいけません。


税金

買ったときより家が高く売れた場合のみ、所得税や住民税などの税金が発生します。譲渡所得を計算し、所有年数を確認すれば自分で求めることも可能ですが、軽減措置もあるため詳しくは不動産会社に相談するのがおすすめです。

家を売る際に必要な書類

家を売る際には、いくつかの書類が必要になります。不動産会社に相談をする前に用意しておきましょう。
 

登記事項証明書

不動産の登記事項を証明するために必要な勝利です。法務局に申請すれば取得できます。また、登記簿謄本でも証明内容は同じなので問題ありません。


売買契約書

物件を購入するときに、以前の所有者との間で交わした契約書です。


重要事項説明書

物件を購入したときに受け取る書類です。物件の内容や取引条件、告知事項などが記されています。
 

登記済権利書 または登記識別情報

登記名義人がその物件の所有者であることを証明するために必要です。法務局が登記名義人に対して交付します。


土地測量図・境界確認書

どこまでが自分の土地なのかを証明するために必要です。


物件の図面・設備仕様書

間取りや設備の状況を確認するために必要です。
 

建築確認済証、および、検査済証

一戸建てを売却する場合は、建築基準法を満たしているかを確認するために、これらの書類が必要です。
 

建築設計図書、工事記録書

どのように設計されたか、どのような工事が行われたかを確認するために必要です。
 

耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書

新耐震基準が導入される前の中古物件において、耐震診断を受けている場合は、その報告書を提出します。アスベストに関しても同様で、調査を受けている場合は提出しましょう。

家の売却相場について

築年数が長いほど、家の売却相場は下がっていきます。特に、築20~25年の一戸建ては価値が急激に下がっており、中には土地のみの価格でしか取引されない事例も多いです。家を売るつもりなら、なるべく早くしましょう。 また、不動産の価値は年々上昇しつつありますが、一戸建てに関しては大きな変化がありません。これから先も大きく変動することはないと思われるので、築年数によって価値が落ちる前に売却を行いましょう。

家の査定の仕組みを知ろう

家を売る際は、家の査定がどのように行われているのか、どのようなポイントに気を付ければいいのかについて知っておきましょう。

家の査定の種類


家の査定には「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。 机上査定は、家に関する書類やデータのみで査定を行う方法で、非常に簡易的です。時間もかからないので、複数社に依頼をするときに向いている方法です。 訪問査定は、実際に家に不動産会社が訪れて査定を行う方法です。売却をするのならば、必ずこちらの査定を行わなくてはいけません。時間はかかりますが、査定の精度は高いです。 机上査定を依頼し、信頼できそうな不動産会社には訪問査定を依頼するという流れが一般的です。

査定で見られるポイント

家の査定では建物、敷地、周辺環境の3つのポイントについて確認されます。 建物に関して見られるポイントはこちらです。
・築年数
・構造
・外装
・内装
・設備
・日当たり
・眺望
・駐車スペース

敷地に関して見られるポイントはこちらです。
・敷地の形状
・道路との接し方
・水はけ
・用途地域

周辺環境について見られるポイントはこちらです。
・駅距離
・周辺施設
・治安

不動産会社によってどの要素をどれくらい重く見るかは異なります。


査定での評価を上げるには?

築年数などどうしようもない要素に関しては、諦めるしかありません。しかし、訪問査定のときの印象をよくすることで、査定額を上げることはできます。 庭の草やゴミはきちんときれいにしておきましょう。内装に関しても掃除を行い、余分なものは処分しましょう。そして、訪問査定はなるべく日中に行うようにしましょう。そうすることで、日当たりなどをよく見せることができます。

家を売る際の注意点

家を売る際には、いくつか注意点があります。これに気を付けて、家を売るようにしましょう。
 

不動産会社に任せきりにしない

家を売る際は、不動産会社に任せきりにしないようにしましょう。売れない場合は、なぜ売れないのかを不動産会社と相談して、一緒に改善していくことが大切です。


売主が不利になる情報も伝える

買主には正しく物件の情報を伝えなくてはいけません。隠したまま契約が成立し、その後で物件の不具合を指摘されると、買主は売主に補償を請求したり、契約を解除したりすることができます。
 

買取も検討する

なかなか買い手が見つからない場合は、売却価格は下がりますが、不動産会社に買取を依頼するのも検討しましょう。あまりにも時間をかけると、固定資産税などが発生してしまいます。

家を売る際は不動産会社選びが重要!

家を売る際に一番重要なのは不動産会社選びです。どの不動産会社を選ぶかによって、不動産売却の成功が決まるといっても過言ではありません。査定を依頼する際は、自分もある程度不動産に関しての知識を持っておくようにしましょう。

新着コラム

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるの…

いい土地を購入したい!探し方のコツ

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいも…

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませて…

不動産購入最終チェックリスト【保存版】〜不動産のプロが教える失敗しないためのチェックリスト〜

不動産の購入は人生において大きなイベントの1つです。物件選びはもちろん、資金計画…

マイホーム購入のタイミング、ベストなのはいつ?

マイホーム購入を考えていても、タイミングが掴めずに行動できていない方は多いことと…

ポラスで購入することのメリット

創業から50年以上もの歴史をもつポラスグループが掲げる理念は「顧客第一主義」。 …

注文住宅とは?注文住宅のメリット・デメリット

「戸建て住宅を買おう」と決めてから次に悩むのは、分譲住宅や建売住宅、注文住宅、ど…

住宅ローンの「団体信用生命保険」とは?

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。基本的に住宅ローンを…

土地購入の流れとは?購入から登記まで解説します

注文住宅を建てたい、土地を購入して投資をしたい等、様々な理由から土地購入を検討さ…

戸建住宅購入の流れについて

マイホームに戸建住宅を選ぶ方は多いですが、どのように購入手続きを進めるかご存知で…