ポラスの物件検索サイト ポラスの物件検索サイト

ポラスの仲介

家の解体費用の相場は?

家の解体費用の相場がどのように決まるかご存じですか? 解体費用が決まる要因について知ることで、解体の検討時に概ねの費用について相場から予想して準備することができます。全額自費で解体することが難しい場合にはローンや自治体からの補助金といった制度を利用できることもあります。

家の解体費用の相場

家を解体しようと考えたとき、最初に頭をよぎるのはどのくらいの費用がかかるのかという疑問でしょう。まずは家の解体費用について広さや構造ごとに相場となる金額を紹介します。
===================
※金額についてはあくまで概算の計算であり、立地条件や基礎、廃棄物など状況によって大きく異なります。
記載の金額を保証するものではありません。予めご了承ください。 
===================


20坪

20坪といえば、66平米ほどの広さになります。 都内や狭小地におけるコンパクトサイズの戸建てです。


・木造

20坪程度の広さの木造住宅はおおよそ90万円前後で解体することができます。


・鉄骨造

20坪程度の広さの鉄骨造の住宅はおおよそ120から140万円程度で解体することができます。 使われている建材が軽量鉄骨であれば120万程度で解体することもできるのですが、重量鉄骨では140万円程度かかってしまうこともあります。


・RC造(鉄筋コンクリート)

20坪程度の広さのRC造(鉄筋コンクリート)の住宅は120万円から160万円程度で解体することができます。


30坪

30坪といえば、100平米近い広さになります。 イメージ的には3LDKから4LDKくらいの広さで3人家族から4人家族でも暮らせる広さです。


・木造

30坪程度の広さの木造住宅は120万円から150万円程度で解体することができます。


・鉄骨造

30坪程度の広さの鉄骨造の住宅は180万円から210万円程度で解体することができます。軽量鉄骨ほど安く、重量鉄骨ほど高くなる傾向にあります。


・RC造(鉄筋コンクリート)

30坪程度の広さのRC造(鉄筋コンクリート)の住宅は180万円から240万円程度で解体することができます。


40坪

40坪の広さといえば、130平米を超える大きめの戸建てです。


・木造

40坪程度の広さの木造住宅にかかる解体費用はおおよそ160万円から200万円程度というのが相場になります。


・鉄骨造

40坪程度の広さの鉄骨造は240万円から280万円程が相場です。


・RC造(鉄筋コンクリート)

40坪程度の広さのRC造(鉄筋コンクリート)の住宅の場合は240万円から320万円程度が相場になります。


50坪

50坪はおよそ165平米近い広さとなり、かなり大きめの一軒家になります。


・木造

50坪程度の広さの木造住宅の場合、解体費用は180万円から250万円程度が相場となります。


・鉄骨造

50坪程度の広さの鉄骨造は200万円から300万円程度が相場となります。


・RC造(鉄筋コンクリート)

50坪程度の広さのRC造(鉄筋コンクリート)の住宅の場合、解体費用の相場は500万円から800万円程度となります。


===================
※金額についてはあくまで概算の計算であり、立地条件や基礎、廃棄物など状況によって大きく異なります。
記載の金額を保証するものではありません。予めご了承ください。 
===================

家の解体費用が決まる要因

家の解体費用は次の4つの要因によって大きく変わってきます。


要因1:構造

先ほど見てきたように、同じ広さによっても家の構造によって解体費用が大きく変化します。基本的に堅固な材料でできている家ほど解体費用が高くなります。


要因2:施工条件

解体する家の敷地が広かったり、家までの道のりが複雑でないような場合は施工条件が良好とされ解体費用も低くなります。逆に敷地が狭く重機が使えない、ガードマンを多く配置しなければならない、アスベストの飛散防止措置が必要といった状況では施工条件が悪いとされ、解体費用が高くなります。


要因3:業者の選定

解体業者によって同じ作業内容でも解体費用が大きく異なります。基本的に重機を保有している解体専門の業者に依頼することで解体費用を抑えることができます。


要因4:ごみ処理の有無

一般的に家の解体費用にごみの処理費用は含まれません。ごみの処理は別途業者に頼んだり有料での対応となることがほとんどです。

解体費用の補助金制度一覧

自治体によっては家の解体に補助金制度を設けていることがあります。補助金を利用することで解体に要した費用の一部が補助され、負担が軽減されます。


解体費用の補助金制度とは

解体費用の補助金制度は自治体によって内容が大きく異なります。国が実施している事業ではないため自治体によっては補助金制度が無いということもあります。詳細についてはお住まいの自治体の役所に問い合わせたり、ホームページで確認するようにしてください。


埼玉県さいたま市の建替え工事助成制度

埼玉県さいたま市では、60万円を限度とする補助制度が実施されています。
https://www.city.saitama.jp/001/007/002/p022086.html


東京都足立区の解体費用補助金制度

東京都足立区では最大100万円を限度とする補助制度が実施されています。
https://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/sokushin-taishin.html

※対象の物件や補助内容などは各市区町村のホームページをご覧ください。

解体費用でローンは組める?

一定の要件の下、家の解体費用のためにローンを組むこともできます。


住宅ローンは組めない場合もある

家の解体後に新築工事を行う場合は解体費用を含んだ住宅ローンを組むことができます。しかし、ただ単に家を解体するだけであれば住宅ローンを組むことができません。


フリーローンや空き家解体ローンの利用

住宅ローンが組めない場合はフリーローンや空き家解体ローンを利用することがおすすめです。フリーローンとは、その名の通り利用目的が定められていないローンです。空き家解体ローンは空き家を解体するための費用を目的としたローンです。どちらも金融機関で組むことができるローンです。詳細については最寄りの金融機関へご相談ください。

家を解体するメリット・デメリット

家を解体することにはメリットもあればデメリットもあります。


メリット

家を解体するメリットには主に次の3つがあります。
1 空き家の老朽化による事故・事件を防ぐ
2 土地の売却がしやすくなる
3 土地を有効活用することができる


デメリット

家を解体するデメリットには主に次の2つがあります。
1 固定資産税など税金が高くなる
2 区域区分によっては再建築が制限されることがある

家の解体費用はできる限り負担を抑えて実施するべき

家は大きく、堅固な材料で構成されているほど解体費用が高額になります。ただ、家の解体費用には自治体の実施する補助金や金融機関のローン制度を利用することで最小限の負担で実施することができます。家の解体にあたってはメリットとデメリットを理解し、補助金やローンといった制度を利用して行うことをおすすめします。

新着コラム

新築購入後に後悔したことは?間取りなどの失敗しやすい事例を紹介!

新築購入後に後悔をしたというケースは意外と多くあります。自分の理想が反映できるの…

いい土地を購入したい!探し方のコツ

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいも…

家を買うタイミングって?購入前に知っておきたいこと

家を買うことは人生の一大イベントであり、そのタイミングには多くの人が頭を悩ませて…

不動産購入最終チェックリスト【保存版】〜不動産のプロが教える失敗しないためのチェックリスト〜

不動産の購入は人生において大きなイベントの1つです。物件選びはもちろん、資金計画…

マイホーム購入のタイミング、ベストなのはいつ?

マイホーム購入を考えていても、タイミングが掴めずに行動できていない方は多いことと…

ポラスで購入することのメリット

創業から50年以上もの歴史をもつポラスグループが掲げる理念は「顧客第一主義」。 …

注文住宅とは?注文住宅のメリット・デメリット

「戸建て住宅を買おう」と決めてから次に悩むのは、分譲住宅や建売住宅、注文住宅、ど…

住宅ローンの「団体信用生命保険」とは?

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。基本的に住宅ローンを…

土地購入の流れとは?購入から登記まで解説します

注文住宅を建てたい、土地を購入して投資をしたい等、様々な理由から土地購入を検討さ…

戸建住宅購入の流れについて

マイホームに戸建住宅を選ぶ方は多いですが、どのように購入手続きを進めるかご存知で…